格安結婚式をしよう

結婚式はお金がかかる為、今では式を挙げず、婚姻届だけ出す「なし婚」カップルが増えています。では、どうして結婚式を挙げないのでしょうか?最も多い理由は「経済的理由」です。通常であれば、プロポーズして結婚式と入籍、出産の順番ですが、今では妊娠発覚してから、入籍、出産と、結婚式よりも、子どもが産まれてからの新生活にお金を当てるカップルが多くいます。

昔は「できちゃた結婚」とマイナスイメージの言葉も、今では「おめでた婚」「授かり婚」とプラスイメージに変わった程、妊娠を機に入籍するカップルが多いです。妊娠発覚後の入籍なので、結婚式資金を貯めているカップルは少ないです。

式を挙げたくてもお金がないから諦めてしまう方達に、格安結婚式が福岡や東京で人気があります。この格安婚は、結婚式費用を抑えて、新婚旅行や新生活準備の方にお金を掛けたいカップルにも人気があります。
通常の結婚式の平均費用は300万円以上、1人当たり約5万円かかると言われています。

ご祝儀を頂戴出来るとしても、自己負担額は大きいです。しかし、結婚式を通じで、双方の親戚同士が顔合わせをし、それぞれの友人同士も親睦を深める事が出来ます。また、今まで育ててくれた親に対しても親孝行になります。

では実際に格安結婚式を挙げるにはどうしたら良いのでしょうか?まず重要なのは、会場選びです。招待する人数によって、大人数向けのホテルウェディングか、少人数向けのレストランウェディングかに分かれます。ホテル挙式はお金がかかると思われがちですが、最近では格安プランを提案しているホテルが多いです。

例えば、1~3ヶ月以内に申し込みをする直近割、六輝の仏滅や連休の中日、平日限定など、わけありで通常料金よりリーズナブルに出来ます。また、レストランウェディングなら料理も美味しく、小規模なので会場費が抑えられます。最近では、アットホームで自由に出来る邸宅風の結婚式、ゲストハウスウェディングも人気が高まっています。会場を選ぶ時は、出来るだけたくさん見学しましょう。プランや料理の内容を比較検討し、自分たちの予算に適した会場を選びましょう。

また、式場以外にも節約出来る方法はあります。ウェディングドレスのレンタル料金の平均は20万円以上かかります。もし自分で用意が可能なら、2万円でドレスがレンタル出来るお店もあります。しかし、会場によっては、持ち込み料が発生する場合があるので事前に確認しましょう。

また、アクセサリーや小物の費用が含まれるか確認しましょう。招待状やウェルカムボードなどのペーパーアイテムや、当日のBGM、映像などの演出も自分で用意すれば、コストダウンになります。面倒くさいって思っても、2人で楽しみながら用意する事によって、絆は深まります。

ゲストにとって引き出物は楽しみの1つです。2人の趣味嗜好が強い品は避けて、実用性がある品が喜ばれます。美味しい引菓子、使いやすい食器類、選ぶ楽しみがあるカタログギフトが定番ですが、持って帰る事を考え、重さと大きさを決めましょう。今では、結婚式スタイルも多様化しています。

新しい式場が続々と新設している中、稼働率を高める為に、会場が空いている日にお得なプランを提案する式場が多いです。お得に格安で結婚式が挙げれる方法はたくさんあります。

【参考サイト】
挙式前に福岡のエステに通った花嫁の口コミ